まなびのひろば主催 特別講演会のご案内

7月6日 子どもへの対話による支援技術

 「学校での違反行為」「暴力」「暴言」「不登校」「SNSトラブル」など、子ども達が学校や家庭で起こす様々な行動に悩んでいませんか。いくら正しいことを伝えても、子どもの反抗的な態度や言葉、投げやりな様子、自分勝手な主張・・・。その結果親もイライラしてうまくいかない。『話せばわかる』が通じない子どもに、親としてどのように接していけばいいのでしょうか。

 従来の子育て書では、よく子どもの言葉への『耳のかたむけ方』について語られています。子どもの話に耳を傾け、共感を持って受け止めていれば、親があれこれ言い聞かせなくても子ども自身が変化して問題を乗り越えていける、などなど。しかし、傾聴と受容だけではなかなかうまく育てられない(育たない)子ども達がいることも事実です。

 今回の講演会では、【子どもに届く言葉かけ】をテーマに、子どもとの対話をつくりだす方法をご紹介します。日常で使える様々な言葉かけで子どもとの関係を変えるお役に立てるのではないかと思います。


ダウンロード
パンフレット
manabi0706.pdf
PDFファイル 3.3 MB

会場

リムふくやま 9Fスカイホール

リムふくやまのHPへ